fc2ブログ
トップ  >  素敵な三宅島~スタッフBLOG  >  リース作り教室

2009年12月13日 リース作り教室

伊豆「ギャラリー・カノン」で
「クリスマス・リース」作り教室が開かれました

講師の方々のアドバイスのもと
参加者の皆さんは、童心に帰って
無心に「世界にひとつだけ」の
リース作りを楽しみました

007_20091213163108.jpg 004_20091213163401.jpg

003_20091213164232.jpg 013_20091213163156.jpg

午前の部は 『島の植物』を使ってのリース作り・・
「サルトリイバラ(山帰来)」や「タブの実」を参加者が自由に選んで
イメージ豊かに オリジナルなリース作りに挑戦
伊豆緑産から NさんとKさんの講師より アドバイスを頂きました。

041_20091213164338.jpg 028_20091213163231.jpg

ステキな作品・・何よりも「世界にひとつだけ」のオリジナル
020_20091213163305.jpg 042_20091213163456.jpg

主催の㈱伊豆緑産 成田さんから「サルトリイバラ事業」の紹介も・・
(右)赤が鮮やかな サルトリイバラの実(同社の農園産)

033_20091213165625.jpg 034_20091213164301.jpg

025_20091213170111.jpg 022_20091213170347.jpg

午後の部は『ドライフラワー』を使っての教室・・
糸井花店のKさんがアドバイザー
(糸井花店では、常時「リース作り」のアドバイスや素材の販売を行っています)

075.jpg 073.jpg

Hさんの作品・・
余った素材で お洒落なエンブレムまで作って見せた

083.jpg 063_20091213173243.jpg

(左)サルトリイバラの花言葉『不屈の精神』・・K君、今年こそ(?)・・のX’masを誓う!
(右)午前午後とアドバイザーを務めたNさん 

081.jpg 067_20091213163729.jpg

065_20091213163713.jpg 016_20091213163421.jpg

午後の部の参加者が作品を持って記念撮影・・
【ギャラリー・カノン】は伊豆岬の入口にあって 今年完成

穴原甲一郎さんの絵画が展示されています
木の温もりと香り 音楽とcofee...
これから いろいろな教室やミニコンサートに
利用できたら 嬉しいですね

『クリスマス・リース』の由来も様々な説が有りますが
最も古くは古代ローマと言われています・・

輪の意味は「永遠」「新年の幸福を祈る飾り」

アメリカでは このリースに
クリスマスの4週間前から毎週1本ずつろうそくを灯し
クリスマスイブの日に最後の一本を灯して
お祝いするという習慣があります

魔除け・・豊作を祈るなどの意味もありますが
「永遠に変わらない 愛・幸福」が
リースに込められた 深い意味があるようです


そして 今日一日
一生懸命作った「リース」は 
どれも ステキなものばかり

でも 本当の楽しさは
作って行く段階に きっとあるのでしょう

あれこれ イメージして・・
歩きながら 素材を 集めて・・
あーでもない こーでもない・・と
組み立てていって・・

そんな時間の過ごし方が
この島には合っているように
思えます(^^

観光客の方にも
伝えて行きたい・・
皆が 考えたことでした...

079_20091213174238.jpg








12月14日(月) | トップページへ戻る | 12月13日(日)

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけメッセージを送る

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る